スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

ペットボトル症候群。新種の現代病に警告

ペットボトル等の清涼飲料水の飲み過ぎは、健康に重大な悪影響を及ぼすとされています。

「ペットボトル症候群」という現代病が20~30代の間で流行っているようです。
発表したのは、聖マリアンナ医科大学の研究チーム。

ペットボトル症候群とは文字通り、ペットボトル飲料の過剰摂取から起こる病気で、急性糖尿病の一種。症状としては、、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、『トイレに行く回数が増える』などが見られ、最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれる事態にもなるようです。

本人は無自覚の場合が多く、『のどが渇いたから清涼飲料水を飲む』⇒『清涼飲料水を飲んでのどが渇く』⇒『のどが渇いたので清涼飲料水を再び飲む』⇒『さらに血糖値が上がり再度のどが渇く』⇒『また清涼飲料水を飲む』というスパイラルに陥る場合が多く、気づいた時にはすでに悪化していたというケースも多々あるようです。

ちなみに、血糖値が上がれば一般的には「肥満体形」になるのですが、ペットボトル症候群の場合は逆にどんどん痩せていくとのことですが、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

それは、膵臓(すいぞう)すい臓で分泌される「インスリン」という成分に関係があるようです。
体の中の糖分は、インスリンを使ってエネルギーとして消費されていくのですが、高血糖の人はインスリン分泌量が少なく、そのせいで糖分がエネルギーとして消費されません。そうすると体は「糖分が足りない」と判断し、脂肪を分解して糖に変えるようになります。脂肪が消費されるので、当然痩せていきます。
こうして、「糖分は多いのに痩せている」という体型が出来上がる仕組みのようですね。

この現代病。
名前こそ、「ペットボトル症候群」ですが、缶コーヒーや缶飲料、紙パック飲料などでも当然同じ症状は現れます。

糖分ということであれば、アイスクリームと清涼飲料水の組合せなどは、かなり危険なようですね。
学校や保健所などでも昔から指導しているようですが、暑い時期だと特に「食べ過ぎ飲み過ぎ」になりやすい分野です。
まだ研究結果が出ていないらしいのですが、「糖分ゼロ」とうたわれた清涼飲料水も、過剰摂取は危険なようです。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : ヘルス&ビューティ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。