スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

Twitter、タイムライン上広告を禁止

Twitterの発表(5月24日)では、第三者の広告ネットワークが「Twitter API」を利用してタイムライン上に広告ツイートを表示させることを禁止、近々利用規約を改定するとのことです。

「タイムライン」とはユーザーがトップページを開いたときに一覧表示される、自分と他人(フォローしている相手)のツイート(つぶやき)のことです。


 同社のディック・コストロCOO(最高執行責任者)によれば、広告ツイート禁止の理由は、今年4月に発表した広告プログラム「Promoted Tweets」の長期的な健全性を守るため。同氏は、「第三者の広告ネットワークは、必ずしもTwitterが創り上げたユニークなユーザー体験を守ることに関心を持っていない。彼らはTwitterプラットフォームの長期的な健全性を犠牲にして市場シェアと短期的な収益を獲得しようとするだろう。それによって最良のユーザー体験の革新が犠牲になる」と説明している模様。第三者の広告ネットワークがユーザーの楽しみを犠牲にして短期的な収益確保に走ることを懸念しています。

規約では、タイムライン内に広告を置くことは不可とされ、広告とTwitterコンテンツの間にははっきりと分かる区切りを置く必要があります。ツイートと混同される広告も、同じく不可とされています。また、Twitterコンテンツの全部あるいは一部が広告販売の基盤となる場合は、支払いを要求するとも記されています。

米メディアは、Twitterは「マーケティング業者がTwitterの著名ユーザーに直接依頼して広告ツイートを投稿してもらうようなケースは可」と認めたと報道、「Twitter API」を使用せずに手動で投稿した場合は、タイムライン内広告でも認められるようです。

国内への影響としては、5月24日に開始された、Twitterユーザーのつぶやきに広告を挿入する「つあど」に関して、運営会社が対応を検討中。
「つあど」とは、広告収入を得たいTwitterユーザーと、Twitterで広告を配信したい企業をつなぐサービスで、企業サイドからは新しい広告戦略として、ユーザーサイドからはTwitterを使ったサイドビジネスとして注目を浴びています。






Twitterがタイムライン内広告を禁止 「つあど」など広告サービスに影響 ↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : Twitter
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。