スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

出版社と企業経営者とゴーストライター(1)

最近耳にした話ですが、経営書の分野では、「執筆代行(ゴーストライター)」によって執筆された書物が多いようです。
それでも、出版の段階になれば、著者はゴーストライター名義ではなく、企業経営者名義である場合が大半を占める、そんな話題です。

企業経営者が、なぜ書籍を出版するのか。これには大きく分けて3つの理由があります。
この話題は長くなるので、3部に分けて話を進めようと思います。
まず第1部として、企業経営者が書籍を出版したがる理由について、述べましょう。

①いわゆる「金儲け」のため。
本を出版して、それなりに売り上げが伸びれば、印税収入が入ってきます。しかもそれは、会社の会計とは別口での計算が可能ですので、企業経営者にとっては大きなメリットになります。実際、出版社側からオファーを出す場合も多いようです。

②自己顕示欲のため
社会で「成功者」と呼ばれる人の中には、自己顕示欲が旺盛な方もいます。書籍を発行することで、「書店に自分の名義の本が並ぶ」ということから、この自己顕示欲を満たしたい経営者が存在することもまた、事実です。出版社側からオファーがかかる場合に加え、「自費出版」という形態をとるケースも見られます。

③経験や研究から得たノウハウを共有・紹介したいため
これは割とレアケースになるのですが、「この方法・ノウハウで成功した」というのを純粋に社会に紹介したいという経営者もまた存在します。これは、出版社からのオファーがあって結果的にこの形になったというケースが散見されます。

第2部では、出版社側の事情について、紹介します。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。