スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

銃刀法規制で高校射撃部が悲鳴(神奈川)

昨年12月の銃刀法改正で厳しくなった銃への規制が、高校スポーツのエアライフル(AR=空気銃)種目に思わぬ余波を広げている模様。資格取得手続きなどの問題で、選手が大会に出場できないケースが出ているようです。
「このままでは競技人口が激減してしまう」と関係者が悲鳴をあげている、そんなニュースです


「年少射撃資格制度」というものが制定された影響で、高校生は約2万円の費用を負担しなければなりません。
また、指導者が保有するライフルを借りて練習するのも、法により不可となりました。

手続きの煩雑さも伴って、4月の関東大会予選に出場した高校は、県立海老名高校のみ。

また、「18歳未満」と「18歳以上」に資格を分けているため、高校3年生の生徒からすれば、夏に誕生日を迎えたものの手続が完了しないため大会出場が不可能というケースも懸念されています。

県警の生活安全総務課は、「法が改正された以上、それにのっとった手続きを」と言っているようですが、それならば手続きが円滑にするよう足回りを整備するなど、いくらでも対応はあるはず。

現場からも不満の声が上がっているようで、法の運用は早くも先が思いやられる状況です。


高校のライフル種目、銃刀法規制で悲鳴(神奈川) ↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : スポーツビジネス&スポーツ文化
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。