スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

口蹄疫被害に1000億円投入

鳩山首相は17日昼、赤松農相と首相官邸で会談。
宮崎県で感染が拡大している口蹄疫(こうていえき)被害への対応として、2010年度予算の予備費から1000億円を充てるよう指示したというニュースです。

家畜伝染病予防法の改正か特別措置法の制定を早期に検討したり、対策チームを現地に常駐させるなどの措置を取っている模様。

口蹄疫といえば、宮崎で種牛に感染したという情報も入ってきています。
種牛が被害に遭ったということは、いわゆる「ブランド牛」の生産できなくなると言っているのも同然で、長年かけてブランド牛を育て上げてきた宮崎の農業関連者にとってはまさに戦慄です。

代替案として、「エース牛」と呼ばれる数頭を補充・補填する案もあるようですが、ここでもまた疑問が生じます。

「なぜ、分散ではなく一か所に集めたがるのか」

これは、利権などの問題もあって難しいのかも知れません。
ただ、現在のような状況で、「下手すれば地域の種牛が全滅」という事態も想定されるならば、分散化は妥当な戦略だと思うのですが。


さらに言うなれば、この口蹄疫騒動は、少し前から騒がれていました。
それなのに、事態が深刻化して初めて大仰に「対策として云々」という姿勢も、どうかと思います。

結局、国の予算から1000億円という巨額を投じなければならなくなった。
仮に早めの対策をしておけば、もっと少ない捻出額でどうにかなった可能性も低くはないはず。

一部の腰が重かったと分析できますが、こういう緊急時に至っては統治者(首相や都道府県知事)の強権発動を認めても良いような気がします。




口蹄疫被害で首相、1000億円投入を指示 ↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。