スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

イジメはなぜなくならない?

12歳の女の子がイジメを苦に自殺したというニュースがありました。
心が痛みますね。


イジメ、なくならないですね。
この用語自体は好きではないんですが、そこはさておきましょう。

ひとつ、質問を提示してみます。
『一人でイジメを遂行できますか?』


中には、一人でイジメをやってしまう人種もいるんだろうけれど、基本的にはイジメは集団でするものですよね。
記事にある、「心にきずつくことを言われた」という部分も、おそらく複数から言われたという解釈になると思います。

昔もそうだったと思うけど、今はもっとひどいと思います。
何かって、それは子供を取り巻く「わけのわからない閉塞感」ですね。
何をどうすれば良くなる、というレベルじゃないのではないかと、思います。
口八丁なコメンテーターでもうまく言い表せないから、「これは社会の歪みが云々」とか言ってお茶を濁している場面、よく見かけます。

「わけがわからない」んですよね、おそらくは。
当事者も部外者も。

人間、大人でも子供でも、「わけがわからない」状態から何を引き起こすか。
それは、十中八九「パニック」であったりします。
そして、そのパニック状態が「集団ヒステリー」を引き起こす。
子供のイジメでも大人のイジメでも、構造は似ているんじゃないでしょうか。

結局は、マスコミや世間は「個性の時代」と言い、現場(学校等)では「個性」は邪魔になる。
「皆と同じだったら良いのにな」
「普通だったらイジメに遭わないのかな」
こういうので悩んでる人、かなり多いと思います。

書いてる僕自身、小学校時代はアトピーがひどく、加えてデブだったので、「怪人」とか言われてましたよ。
当時もやっぱり、「ああ、普通だったらよかったな」と嘆きました。
幸い、死ぬほどまでひどいイジメではなかったので(学校行かなければよかっただけの話だったので)、規定日数ギリギリの出席でしたが。

このニュースの被害者が「個性的」だったかどうかは、記事からは読み取れません。
ただ、「個性」と称されるような外見あるいは性格だったかもしれないというのは、十分考えられます。

外見では、美形でも不細工でもイジメに遭う可能性がある。
内面では、性格良すぎても悪すぎてもイジメに遭う可能性がある。
結局、「どうでもいい中間」を求めて、生存競争みたいになってしまう。
そして、「どうでもいい中間」層が、少し外れた人間を虐げる。

構造的には、こんなところではないかと思います。

イジメのニュース、毎回厭になりますね。 ↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。