スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

優秀と無能の環境論~前篇~

人間が集まる職場では、「あいつは優秀だ」とか、逆に「あいつは使えない、ダメだ」といった話題がよく出ます。
僕自身、両方言われたことがあります。面と向かってであろうが蔭口であろうが、ですね。

以下、経験上の話も踏まえて、「優秀とは、無能とは、何が決めるのか?」という話題で進めます。

--------------------------------------------------------------------------


最初に断言します。
『優秀』とは、よほどの天才でもない限り、絶対ではない。
では、進めます。



優秀(名詞)
特に優れている様子。

家にある国語辞典には、こう書かれています。
何のことやら、意味が分かりませんね。
では、『優れる』で見てみましょう。

優れる(自動詞下一段活用句)
普通よりも抜け出た状態になる

これまた、イマイチ意味が曖昧ですね。

簡単に言えば、「普通より何かが出来る」ということを示すんだという程度の解釈で、問題ないでしょう。

では、基準となる『普通』って何ですかね?
それを決めるのは、『環境』であり、もっと言えば『他人』です。
絶対評価で測定できるものは、スコアの出るテストぐらいです。
もっとも、それすらも『平均点』というものに左右されるわけですが。


『普通(平均)』と『優秀』は、環境が決める。
ここ、大事です。

分かりやすい例を出しましょう。
人と話すのが苦手で嫌いだけど、文章をまとめたり解析するのが好きで得意な大学生がいたとします。
なかなか就職先がないので、化学製品のメーカーに就職し、営業部に配属されました。
さて、この人はうまくいくでしょうか。いえ、うまくいく見込みが高いでしょうか。
かなり、難しいですね。
世間というのは割と無責任で、やれ「それは適応力が足りないからだ」だの、「問題解決力に欠ける」だの、はては「努力が足りない」と、言ってきます。

問題は、そういうことではないと思います。
逆説的ですが、『普通』とか『使えない』と言われている人間が、『適応力』なり『問題解決力』なりを持っていれば、少なくとも『使えない』人間ではない。理論上、そうなります。
要するに、これはダブルパンチなわけです。
「お前はダメなうえにさらにダメダメだな」と言われているようなものです。
世間の声というのは、往々にしてそんなものです。 ↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。