スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

父親は子供に対して圧倒的に「理系進学」を望む

わが子に「理系進学」を希望する父親は、文系進学を望む父親より4倍多いことが、化学メーカー「クラレ」の調査で分かった。日本の政治や経済に閉塞(へいそく)感が漂う中「子どもには論理力や専門性を武器に生きていってほしいという親心の表れではないか」としている。

 調査は1月、小学生の子を持つ20~50代の父親400人(理系、文系各200人)を対象にインターネットで実施した。

 子どもに「理系に進んでほしい」と答えた父親は31%で、「文系に進んでほしい」の7%を圧倒した。残りは「どちらでもよい」(62%)だった。

 理系進学を望む理由を複数回答で尋ねたところ「論理的思考が養える」(53%)、「専門知識が身に着く」(41%)、「進学就職に有利」(32%)--の順。回答の傾向が分かれたのは「楽しい人生が送れる」(10%)で、これを選んだ文系の父親が19%だったのに対し、理系の父親はわずか5%。理系に進学した自分の人生を重ねたかのような回答は「隣の芝生は青く見えるのでしょう」と同社。

 一方、自身が子どものころ、研究者や科学者になりたいと思ったことがある父親は48%。あこがれた科学者は日本人では湯川秀樹野口英世、外国人ではアインシュタインエジソンなどの名前が挙がった。

 また、56%がわが子の理科の教科書を「分量が足りない」と感じていた。同社は「理科をたっぷり学んで楽しさも知っている世代だけに、教える内容を減らしたゆとり教育を物足りなく思っているようだ」と分析する。


上記は毎日jpの記事ですが、わりとどこの家庭にも当てはまると思われます。
来年どころか来月のこともわからない今のご時勢。「何か専門スキルを」と望んでのことでしょう。
実際、私ジェイムズ鉄道車掌の父親も、私に「理科系の学部しか認めない」と言っていました。
結果的に、力及ばず文型進学をしてしまったわけですが。

さて、近年のキーワードとして「教育格差」というものがあります。
これは、書籍『希望格差社会』あたりでも言及されていますが、家庭環境が「教育熱心か」どうかで格差が生まれてしまうというものです。
教育熱心な家庭は、往々にして親も高学歴ないし高収入です。
エリートがエリートを育てる仕組みは昔からさほど変わりませんが、今後はその傾向が加速度的に進むといわれています。
その風潮に逆流するかのような「ゆとり教育」政策などを政府は実行してしまったわけですが。

今すぐに影響が出る問題ではありません。
5年、10年と時間をかけて、じわじわと格差が目に見えるようになっていく。
しかし気づけば後戻りは難しい。
そんな世の中が待ち受けているような気がしますね。

世の保護者さんたちのうち、意識の高い人たちは、子供を「まともな」職業に就かせ、安定した生活を送ってほしいがために、必死で教育を施します。
しかし、そうではない人たちの子供は、自分で這い上がらないといけない。
しかもそのハードルは恐ろしく高い。

弱肉強食のアメリカ型社会など、別段誰が望んでいるわけでもないのですが、事実の流れは止めようがありませんね。





働くビジネスマンのためのスーツ通販 
働くビジネスマンのためのネクタイ通販 
働くビジネスマンのためのビジネスシューズ通販 
働くビジネスマンのための高級ビジネスシューズ通販 
働くビジネスマンのための腕時計通販 
働くビジネスマンのためのビジネスバッグ通販 
働くビジネスマンのためのアタッシュケース通販 
働くビジネスマンのためのビジネスベルト通販 
働くビジネスマンのための名刺入れ通販 
働くビジネスマンのための万年筆通販 
働くビジネスマンのためのカフスボタン通販 
働くビジネスマンのためのポケットチーフ通販 
働くビジネスマンのためのシェーバー通販 
働くビジネスマンのための電子辞書通販 
働くビジネスマンのための育毛アイテム通販



↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。