スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

参議院選挙、ブログは良いがTwitterはNG

与野党が12日午前、国会内で「インターネットを使った選挙運動の解禁についての各党協議会」(座長・桜井充民主党参院政策審議会長)を開き、現在は禁止されているホームページ(HP)とブログの選挙期間中の更新を、夏の参院選から解禁することで大筋合意した。というニュースがあります。
結果、HPとブログは可。メールとツイッター(Twitter)は不可、となっています。
理由は、メールやツイッター(Twitter)は誹謗中傷に使われる恐れがあるということです。

HPとメールはさておきます。
問題はブログとツイッター(Twitter)の区別について。
双方の共通点と相違点を考えていきましょう。

まず共通点。
気軽に更新ができる。
誰でも書き込み(コメントやリツイート)ができる。
文字情報の発信ができるので宣伝効果が期待できる。
「炎上」の可能性がある。

次に相違点
ブログは長文可能だがTwitterは文字数制限あり。
レスポンスの数が大きく異なる可能性がある。


この辺りは、すぐに考えつきます。
懸念というのは、「レスポンスの数が大きく異なる可能性がある」という一面を見てのことかもしれません。
ただ、私が疑問に思うのは、「それならブログも同じなんじゃないか?」というものです。

ブログであろうがTwitterであろうが、「炎上」の危機は常にあるわけです。
「ブログなら安全だ(?)」という根拠がどこにあるのかは分かりませんが、「炎上の可能性」を考えればブログだって危険だということになりはしないでしょうか。
もっと言うなら、さきほど「さておく」と書いたHPだって、「誹謗中傷に対する絶対の安全」などというのは保証されていません。

政治の世界がどのような価値判断基準で動いているのか、保守的なのか革新的なのか、まるでわかりません。
将来的には全面解禁にしたいという意見もあるのなら、試験的に全面解禁をしてみたうえで、結果(統計)から判断をするほうが有効な気するのですが。


参議院選挙、HP・ブログは○、メール・ツイッターは× ↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。