スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

ペットによる感染症で死亡の危険性も

ペットの口の中にいる細菌カプノサイトファーガ属菌」が人間に感染し、02年以降だけで6人の死者が出たことが、国立感染症研究所獣医科学部の今岡浩一室長らの調査で分かりました。感染して発症する確率は「1000万人に6~7人」と低いものの、発症すれば死亡率12%との報告もあります。

首都圏の動物愛護センターで犬325匹、猫115匹の口の中を調べると、カプノサイトファーガ属の中で人間が重症化しやすい「カプノサイトファーガ・カニモルサス」という菌を犬74%、猫57%が持ってori,
健康な犬、猫が持つ常在菌と見られています。

菌が人体に入り感染すると、2~14日の潜伏期間の後に発熱や腹痛、吐き気を催すようです。噛まれたり引搔かれた場合は傷口を水ですすぐことが重要で、治療は抗生物質で可能とのこと。

学会報告などの検索では、02~09年に40~90歳代の14人(男9人、女5人)の患者が確認されてお、いずれも重症例で6人が死亡し、14人中11人は全身で細菌感染による炎症が起きる危険な敗血症になっていた模様。
感染原因は、「犬にかまれた」6例、「猫にひっかかれた」4例、「猫にかまれた」2例「不明」2例。

ペットとキスをするなど過度な触れ合いを避けるよう、厚生労働省は全国の自治体や医師会、獣医師会などに文書で詳しい情報を発信しました。

↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。