スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

日本人は奈良時代から肉食だった?

奈良時代の官庁街だった平城宮跡・東方官衙(かんが)地区(奈良市)で昨年見つかった土壌化した糞便(ふんべん)から、牛や豚、ニワトリから感染する寄生虫卵が検出されたことが17日、奈良文化財研究所の分析でわかった。奈文研は「寄生虫卵の存在は、役人らが肉を食べていた証拠では」と推測。奈良時代の日本人の肉食を考古学的に裏付ける初めての資料になるという。

同様の寄生虫卵はこれまで、大宰府・鴻臚(こうろ)館跡(福岡市)などで確認されているが、外国人の糞便とされている。平城宮跡での検出について、奈文研の今井晃樹主任研究員は「遺構は衛府(えふ=宮殿の警備組織)とみられる区画にあることから、外国人ではなく、宮内勤務者が肉食をしていたと考えられる」と指摘した。

奈良時代の肉食については、イノシシやシカなどを食べたことを示す木簡が平城京跡から出土している一方、当時は牛馬などの殺害禁止令も出されていた。

昨年の発掘調査では、当時のトイレットペーパーとされる棒状の木片「籌木(ちゅうぎ)」や、ウリの種が埋められた複数の穴(直径約60センチ)が出土。このうち5つの穴から、宮跡内で初めて糞便の堆積(たいせき)物を確認し、分析していた。奈文研は、これらの穴について恒常的なトイレの可能性は低く、臨時のトイレか糞便を廃棄した穴と推測している。


以上、産経新聞より抜粋。


不思議な、話です。
牛や豚などの、いわゆる「四つ足」が食されるようになったのは、明治維新の時代だと歴史には書かれています。
西洋人が持ち込んだから、日本人は「四つ足」を食べるようになった。
これが一般的な見解なのですが。上記の情報が真実ならば、日本人はそれ以前から「四つ足」を食べていたということになりますね。(ここで「四つ足」と表現しているのは、牛や豚などの「外来」と称される部類です)

まだ調査中とのことで、真相は不明なわけですが、これはかなり興味深い話題だと思います。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ :
ジャンル :

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平城遷都1300年祭~スリランカチャリティーみんなの第九コンサート@奈良県文化会館~ハンターナ~...

5月30日、「平城遷都1300年祭」の一環として奈良県文化会館 国際ホールで開催されたスリランカチャリティー「みんなの第九コンサート」(チラシ)主催NaFu!国際交流ならふれあい会の代表・野原純子さんにご依頼・お招きいただいて、撮影と会場ロビーで「竹浪明スリランカ...

コメントの投稿

非公開コメント

不思議ではないと思います

こんにちは
天智朝のころ来日した大勢の中国人朝鮮人で、文字を知っている人の多くは役人に採用されたでしょう。奈良時代はすくなくともその2世の時代です。

肉食が敬遠されたのはどんなに早くても、仏教の戒律が普及し始めた奈良時代後半でしょうね。しかしそれは僧尼の範囲で一般化は遅れたに違いない。
 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。