スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

文科、内閣府、総務。事業仕分け報告

strong>文部科学省は3日、省庁版事業仕分け「行政事業レビュー」を開始しました。
同日午前の作業では、国公私立大学補助金を支出してIT(情報技術)分野の専門家を育成する事業など、大学教育関連の3事業を「廃止」と判定。

内閣府では、沖縄県産業振興関連事業を議論。
このうち、外国人観光客らへのもてなし方法などについて県内ホテル経営者を対象に実施しているセミナーなど観光分野3事業については、大幅な改善や一部事業の廃止を検討することにした模様。
国内外の高校生らが同県内で共同生活する「アジア青年の家事業」は改めて効果を検証するようです。

総務省では、衆参両院の国政選挙に伴う経費について、投開票作業などに当たる自治体職員人件費の抑制など見直しが必要と判定。
同省の構内情報通信網(LAN)整備・運用に関しても、通信機器リース料などの経費が高すぎるとの意見が相次ぎ、改善すべきだと結論付けています。

内閣府と総務省の議論はさておきましょう。
投開票の分野は確かに人件費がかさんでいますね。

文部科学省の判定には、やや疑問があります。
3事業の補助金総額は2009年度で約41億円に上っており、仕分け人から「国費投入の必要があるのか分からない」といった厳しい意見が相次いでいるようですが、大学教育の質は保たれるのでしょうか。
学問関連の予算は、できれば削らないほうが将来的なメリットにもなると思うのですが。せめて「廃止」ではなく「予算縮小」ぐらいにすれば良いのかと思います。



大学教育関連3事業を廃止。事業仕分け、文科省・内閣府・総務省 ↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

ジェイムズ鉄道

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。