スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

裁判員制度で三重から鹿児島へ召集

裁判員制度で、三重県から鹿児島県へ招集された女性のニュースがありました。

2日から鹿児島地裁で始まる裁判員裁判で、三重県四日市市の会社員女性(52)が裁判員候補者として地裁に呼び出されたというものです。
女性は09年8月の衆院選は三重県で投票したが、出水市の選挙人名簿に名前が残っていたため、今回呼び出されたようです。
女性は08年10月に出水市から転居、09年5月に住民票を移しています。
選挙人名簿は、転出届を出してから4カ月間は元の自治体に名前が残り、転入先では3カ月経過すると名簿に登録される仕組みになっています。

地裁は10年度の裁判員を選ぶため昨年9月1日時点の選挙人名簿を各自治体に提出するよう要請したところ、出水市の名簿に当該の女性の名前が残っていたとのことです。
女性が最高裁に問い合わせたところ「理由なく手続きを欠席したら罰金が科されます」と言われたらしく、交通費は支給されるため、この日地裁を訪れたとのことです。
女性は「裁判員裁判に興味はある。三重県の津地裁だったら負担は少なかった」と話しています。

この場合は、「やむを得ない事情」に該当しないのでしょうか。
交通費が負担されると言っても、会社に勤める人が三重から鹿児島まで出向くというのは、かなりの負担になります。
施行前から、いろいろとその仕組みが疑問視されていた裁判員制度ですが、今後もこういったケースは増えるような気がします。
↓好条件のアルバイト探しはアルバイト.jpで↓

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

 












応援よろしく♪
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

ブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
マイプロフィール
プロフィール

Author:ジェイムズ鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。